子供の肥満とメタボリックシンドローム

小中学生100人のうち10人は肥満で、そのうち1〜2人はメタボリックシンドロームといわれています。 子供のうちから、食事や運動など正しい生活習慣を身につけ、肥満やメタボリックシンドロームの予防・改善に 努めることが大切です。
(*本文は下の方にあります)


■子供と肥満

メタボリックシンドロームは子供にも起こる

「肥満」「メタボリックシンドローム」の危険性は大人だけではありません。 子供にとっても、肥満やメタボリックシンドロームは大きな問題になっています。 肥満のある子供の数は、この30年間で2〜3倍に増加し、現在は小中学生の約10%が肥満しています (文部科学省「平成18年度学校保健統計調査)。 また、厚生労働省研究班の調査研究によって、子供にメタボリックシンドロームが見られることがわかってきました。 その頻度は実に肥満の子供10人のうち1〜2人という高頻度です。 肥満やメタボリックシンドロームと診断された子供が、生活習慣を変えないまま大人になると、 将来、心筋梗塞や脳血管障害につながるなど、生涯の健康を左右する懸念があります。 ですから、子供のうちに正しい生活習慣を身につけて、肥満を解消することが大切です。

成長期の子供の肥満度を判定する場合、性別、年齢、身長ごとに細かく「標準体重」が示されています。 その標準体重をもとに、下の式で計算した肥満度が20%以上の場合に「肥満」と判定されます。 子供の標準体重を知りたい場合は、学校の養護教諭や小児科医に聞いてみるとよいでしょう。

子供の肥満度=((体重[kg]−標準体重[kg])÷ 標準体重[kg])× 100


●子供のメタボリックシンドロームの診断の目安

子供のうちから、メタボリックシンドロームを見つけ、適切に対応してもらおうという目的のため、 6〜15歳の子供を対象にした調査研究や、学校の健康診断などのデータをもとに、 子供のメタボリックシンドロームの診断の目安が作られました。
子供場合、
男女とも「おへその高さの腹囲が80cm以上」で、
次の3つの項目のうちの2項目以上に当てはまる
場合に、メタボリックシンドロームと診断されます。 (ただし、この診断基準は、6歳〜15歳を主な対象としたもので、小学生未満の肥満症は対象になっていません)

▼血清脂質
中性脂肪値120mg/dl以上かつ、またはHDLコレステロール値40mg/dl未満
▼血圧
収縮期血圧125mmHg以上かつ、または拡張期血圧70mmHg以上
▼血糖値
空腹時血糖値100mg/dl以上

この診断の目安を用いたところ、「肥満のある子供のうち、5〜20%がメタボリックシンドロームである」 という調査結果が出ています。また、メタボリックシンドロームではないものの、 腹囲が基準を超えている子供が数多くいることもわかりました。
このような子供への対策をとることにより、将来のメタボリックシンドロームを予防することができると考えられます。 外見からはそれほど肥満しているようには見えなくても、実際に腹囲を測定してみると、 意外と数値が大きいこともよくあります。腹囲の測定は、家庭で手軽に行なうことができるので、 機会を見つけて子供の腹囲を測定し、基準を超えている場合は、小児科を受診して血清脂質、血圧、 血糖値を調べることが勧められます。


●肥満の対策と予防

脂質の摂りすぎなどを避け、積極的に体を動かす

小児期は、より良い生活習慣を作り上げる時期です。現代の日本人の多くは脂肪の摂取量が増えた一方、 体を動かす機会が減るなど、肥満しやすい環境で生活しています。食事や運動などの面で、 望ましい生活習慣を身につけ、大人になっても健康的な生活を送ることができるように、 家族や周囲の大人が方向付けましょう。 腹囲が診断の目安を超えていたり、健康診断などで肥満傾向があると指摘されたりした場合は、 家族ぐるみで積極的に生活習慣を改善し、肥満を改善することが必要です。 メタボリックシンドロームと診断された場合も、肥満を解消して内臓脂肪を減らしましょう。

◆食事内容のほか、摂り方にも注意

成長過程にある子供の場合、食事を制限しすぎるのは好ましくありません。 朝昼晩の食事から、成長に必要な栄養とエネルギーを摂取する事を食生活の基本とし、 次のようなことにも注意して、適切な食習慣を身につけましょう。

▼決まった時間に食事をする
朝食を食べない、遅い時間に夕食を摂るなど、食事のリズムが乱れるのはよくありませんん。 1食当たりの摂取エネルギー量が多くなる原因にもなるので、三度の食事をできるだけ規則正しく食べましょう。 また、間食も時間と量を決めましょう。
▼食べ過ぎない
肥満のある子供たちの食生活を調べると、給食をお代わりするなど、一般に食べ過ぎている傾向が見られます。
▼脂質を摂り過ぎない
近年、揚げ物や、油を多く使った料理や菓子を食べる機会が多く、年齢を問わず、 脂質を摂りすぎる傾向が認められます。家庭の食事やおやつの内容を見直し、栄養の過不足がないようにしましょう。
▼家族で食事を楽しむ
1人でテレビを見ながらの「ながら食べ」では、子供は満足感を十分に得ることはできません。 親子のコミュニケーションをとりながら、家族一緒に食事をする機会をできるだけ増やすように心掛けましょう。

◆基礎体力をつけることから始める

肥満のある子供は、食事に気をつけるほか、積極的に運動を行なって、内臓脂肪を減らすことが必要です。

▼1日30分間運動をする
30分程度の運動をできるだけ長く毎日続けましょう。肥満していると、体を動かしづらいために運動不足になりがちで、 筋肉の発達が不十分だったり、持続力が不足したりする傾向があります。 まずは、手軽に行なえるウォーキングや、膝の関節などに負担がかかりにくい水泳などから始めて、 筋力を強化したり、心肺機能を高めたりするようにしてください。
▼スポーツに親しむ
学校の部活動や地域の運動クラブ、スポーツイベントなどに積極的に参加して、 仲間とともに楽しみながらスポーツに取り組むことが勧められます。
▼家族で屋外で楽しむ
休日には、家族で屋外でレジャーを楽しむなど、家族全員で体を動かす機会をつくりましょう。
▼テレビゲームをする時間を決める
テレビゲームで毎日長時間遊んでいると、運動不足になりがちです。 家庭内でルールを決めて行なうようにしましょう。

【関連項目】: 『子供のメタボリックシンドロームを予防する運動法』