子供のメタボリックシンドロームを予防する食事法

子供のメタボリックシンドロームを予防する(体脂肪蓄積を防止する)ための食事法では、 「高脂肪食を夕食に食べない」「脂肪と砂糖を一緒に食べない」といったことが大切です。
(*本文は下の方にあります)


■肥満の原因になる食べ方

高脂肪脂肪食・砂糖に注意

本来、発育発達段階にあって高い基礎代謝を持っているはずの子供たちが、体脂肪蓄積を原因とする メタボリックシンドロームを発生させてしまう原因の一つは、鶏のから揚げや焼肉、フライやソテーした料理を 夕食で連日食べる食生活にあります。休息と睡眠を控えて脂肪を多量摂取すると、 脂肪は脂肪組織に効率よく取り込まれて貯蔵されてしまいます。

また、脂肪と砂糖が一緒に含まれているケーキ、ビスケット、チョコレートなど洋風の菓子類を食べることや、 ハンバーガーやフライドチキンのような高脂肪の食べ物を、ジュースやコーラのような砂糖入りの飲料を 飲みながら食べるのも、子供たちの肥満の原因になります。

肥満が心配される子供の食生活では、高脂肪食を避け、脂肪と砂糖の同時摂取を避けることが決めてです。 夕食後の血中インスリンレベルを早めに低下させるため、 夕食後の軽レジスタンス運動の実行が勧められます。