内臓脂肪とメタボリックドミノ「ポッコリ肥満はなぜ悪い?」

・肥満があると、肥大化した脂肪細胞がさまざまな”悪玉ホルモン”を分泌する。
・内臓脂肪は、他の臓器に炎症をもたらすことで影響を及ぼす可能性がある。
・内臓脂肪型肥満のある”メタボ”の段階は、ドミノが倒れてきているサイン。
(*本文は下の方にあります)


■肥満による影響

脂肪細胞の肥大化により、血圧などの上がりやすくなる

「メタボリックドミノ」は、内臓脂肪が増える内臓脂肪型肥満から始まります。 内臓脂肪が増えると、脂肪細胞が病気の発症にかかわるさまざまな物質を出すようになり、その影響が全身に広がっていくのです。 脂肪細胞には、余分なエネルギーを脂肪として溜め込む働きがあるため、肥満があると1つ1つの脂肪細胞は大きくなります。 また、他の臓器のように、ホルモンを分泌する働きもあります。 脂肪細胞が肥大化していない時には、よい働きをする”善玉ホルモン”が分泌されます。 その代表が「アディポネクチン」です。インスリンの働きをよくして糖尿病を改善したり、 動脈硬化の進行を抑えたりします。一方、脂肪細胞が肥大化すると、悪い働きをする”悪玉ホルモン”の分泌が盛んになります。

▼TNF-α
インスリンの効きを悪くする代表的なホルモンです。
▼レプチン
食欲を抑える働きと血圧を上げる働きがあります。肥満があると食欲を抑える働きは効きにくくなり、 血圧を上げる働きだけが残ります。
▼アンジオテンシノーゲン
血圧を上げる物質であるアンジオテンシンの元となるホルモンです。 肝臓と肥大化した脂肪細胞から分泌されます。

肥満があると、善玉ホルモンの分泌が減り、悪玉ホルモンの分泌が増えるため、血圧が上昇したり、脂質異常が起きたりします。 さらに、脂肪細胞の肥大化が進むと、脂肪細胞が弾けてしまい、ホルモンの分泌の乱れをさらに促進させてしまいます。


●内臓脂肪型肥満がある場合

小腸の炎症がさまざまな臓器に飛び火すると考えられる

肥満の中でも、特に内臓脂肪型肥満が悪影響を及ぼすのは、内臓脂肪が小腸の近くにたまるためだと考えられます。

◆小腸の炎症とは

脂っこい食べ物などを食べ過ぎると、小腸はそれを異物と認識し、腸管を守ろうとして「炎症」が起こります。 炎症は、体が有害な刺激を受けた時に、体を守るために起こる反応で、小腸で起こった炎症は、すぐそばにある脂肪細胞に 伝わっていきます。炎症が伝わることで、肥大化した脂肪細胞からは炎症を促すホルモンが分泌されます。 それによって、炎症はさまざまな臓器へと広がっていきます。こうして、肝臓、脳や心臓の血管、腎臓などへと炎症が広がり、 そこで病気が発症すると考えているのです。

メタボリックドミノは、内臓脂肪型肥満から始まり、それが倒れることで重篤な病気につながることを示すものですが、 内臓脂肪に伝わった火事が、全身に広がっていくような現象ともいえます。



●重篤な病気を防ぐために

メタボリックシンドロームの段階で進行を防ぐことが重要

内臓脂肪型肥満から始まったメタボリックドミノが、高血糖、高血圧、脂質異常の段階まで倒れた状態を 「メタボリックシンドローム」といいます。その診断基準となる血糖値や血圧はそれほど高くはありませんが、 それらの異常が重なることで、動脈硬化などのリスクが高くなります。 内臓脂肪による肥満は、少し肥満があるという程度でも注意が必要です。

◆メタボリックシンドロームの診断基準

内臓脂肪の蓄積状態を調べるため、おへそを通る高さで「腹囲」を測ります。 男性は85cm以上、女性は90cm以上あることが基準となります。 次に、「血糖」「血圧」「血中脂質」を調べます。メタボリックシンドロームと診断するのに必要な値は、 血糖では、空腹時の値が110mg/dl以上です。血圧では、収縮期血圧が130mmHg以上、拡張期血圧が85mmHg以上、 血中脂質では、中性脂肪が150mg/dl以上、またはHDLコレステロールが40mg/dl未満となります。

腹囲が基準値以上で、かつ血糖、血圧、血中脂質の3つの項目のうち、2項目以上に該当する場合は、 メタボリックシンドロームと診断されます。 血糖や血圧は、糖尿病や高血圧の診断基準よりも、少し厳しい値になっています。 これは、メタボリックドミノが倒れる前の段階で、異常に気付くようにするためです。 また、腹囲の基準値が女性の方が高いのは、一般に女性の方が皮下脂肪がつきやすく、内臓脂肪が同程度でも 腹囲が大きくなりやすいからです。

◆その他に注意すべきこともある

メタボリックシンドロームの診断基準には、LDLコレステロール値が含まれていません。 これは、LDLコレステロール値の上昇は内臓脂肪型肥満とあまり関係がないためです。 しかし、動脈硬化の重大なリスクになるので、注意する必要があります。 また、喫煙も、動脈硬化の重大なリスクとなるため、喫煙習慣がある人は禁煙が必要です。