肥満症・メタボリックシンドローム対策

メタボリックシンドローム』は、内臓脂肪型肥満から生じる糖質や脂質の代謝の変化が、 糖尿病、脂質異常症、高血圧症と診断されるほどの病的な異常状態ではないが、完全に正常でもない状態をいいます。 メタボリックシンドローム対策はシンプルです。 「適切な食事を摂り、軽い運動を行い、禁煙して、規則的な生活を心掛けていくこと」です。
(*本文は下の方にあります)


■メタボリックシンドローム対策の具体的方法

メタボリックシンドロームの患者には、食生活が不規則な人が多いので、まず「三食の食事をバランスよく摂り」「間食をやめる」ことが重要です。 調理法を工夫することも有効です。例えば、同じえびを食べるにしても炒め物とから揚げ、てんぷら、フライ では体に入る油の量が違います。揚げ物やフライではなく網焼きなどにすれば、摂取エネルギーは減るし、脂肪も減ります。


運動では、特別なフィットネスや過激なスポーツはやる必要ありません。「歩くこと」が一番です。 お金もかかりませんし、誰にでもすぐできます。食事が終わってお腹が落ち着いたら20分ほど歩く。 これを習慣にするだけでメタボリックシンドローム予防効果は全く違います。 また、「日常生活で体を動かす」ことが大切です。 子供と遊んだり、掃除をしたりといったことでもカロリーは消費されます。


さらに「禁煙」。タバコを吸う人と吸わない人では、同じ体重でも吸う人の方が内臓脂肪がたまっていることが多く、 メタボリックシンドロームになりやすいということがわかっています。 心筋梗塞になる人の割合もタバコを吸う人の方が3〜5倍高くなっています。


本当に怖いのはメタボリックシンドロームの延長上にある脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病などの病気です。 放置しておくといつ起こるわからない病気を未然に防ぐために、 生活習慣を改善してメタボリックシンドロームを解消する必要があるのです。


●内臓脂肪を減らす10箇条

メタボリックシンドローム対策』はその源流にある「内臓脂肪の蓄積」を防ぐことにあります。
内臓脂肪を増大させる要因として、
  @遺伝
  A加齢
  B性ホルモン
  C食事
  D運動不足
  E生活環境
など多様な要因が関与しています。
これらのなかで、@ABは自分たちの努力ではどうにも変えることができないので、 結局、C〜Eの改善ということになります。

具体的な対策は、
  @メタボリックシンドロームについて十分理解すること。
  A○○式ダイエットや薬に依存しないで、正しい食習慣の改善を習得すること。
  B低エネルギー食品の選択方法や調理法を習得すること。
  C油もの、糖分を控えること。
  Dゆっくり、規則正しく、楽しく、おいしく食べること。
  E野菜料理が不足しないようにすること。
  F外食や加工食品を利用する場合は栄養表示を活用すること。
  G運動すること。
  H確実に実行すること。
  I気長に習慣化すること。
であるとされています。


◆新健診・新保険指導

平成20年4月実施を目標に現在進められている「新健診・新保険指導」は、このメタボリック対策が重点的に行われます。 特徴としては対象者のリスクレベルに即した階層化により、保健指導をするところです。 健診結果から、ウェスト周囲長と脂質異常、高血圧、高血糖のリスク要因の合併状態により、 保健指導の内容を「情報提供」「動機付け支援」「積極的支援」に分類します。 この方法は、医療でも行われているように、同じ糖尿病でも、その程度や合併症の内容により、 処方される薬の内容や量が異なるのと同じです。

事業のカギは、約2000万人存在すると予測されているハイリスク者にどのように対応するかが大きな問題であり、 国は、この事業を医師、保健師、管理栄養士を中心に実施することを決定しています。


●減量目標値設定の必要性

人は具体的な目標値がないと行動に移せない

肥満者が減量に成功すると、心血管系の危険因子(血圧、血糖、脂質など)が改善することがよく知られています。 しかし、「痩せたい」とあいまいに思うだけではなかなか減量にまで至りません。 なぜなら、人は具体的な減量目標がないと行動に移せないことが多いからです。 特に男性の場合にはその傾向が強いようです。男性肥満者は「減量を決心し、具体的な減量体重を設定する」ことが大切です。 人生において何かを達成するためには、あいまいでなく明確な目標の設定が大切で、それは減量をする上でも同じことです。

◆まずは現在の体重の5%減を目標とする

実際にはどのくらい減量すれば危険因子の改善に効果があるのでしょうか?
よく標準体重【BMI22kg/u(身長m×身長m×22)】が最も病気にかかりにくいといわれますが、 必ずしも標準体重にしなければならないというものではありません。 一般的には、まずは「現在の体重の5%減」を目標とするのがよいとされています。 例えば、体重が80kgなら、4kgの減量が目標です。 1ヶ月に0.5〜1kg程度の減量であれば、無理せずに行うことができるでしょう。 この程度の減量でも、血中脂質や血圧、血糖値は改善されてきます。

ある研究では、高血圧の場合には2〜52週週間の期間において、3〜9%の減量で収縮期血圧3mmHg減、 拡張期血圧2.9mmHg減の効果が見られたという報告があります。
「新神戸宣言2006」(日本肥満学会)では、体重3kg、ウェスト周囲3cm減の「サンサン運動」が提唱されています。 ウェスト周囲径3cmといえば、男性ならベルトの穴1個分になります。