ウーロン茶【ダイエット・メタボリックシンドローム対策に、脂肪の吸収を抑える】

脂肪の吸収を抑える画期的な成分「重合ポリフェノール」 が豊富な『ウーロン茶』の脂肪減らし効果は驚異的で、 運動も減食もせずに5kgも7kgも痩せた、という人が続出しています。 その理由は、脂肪が体内に入ると、油の乳化を促す胆汁(肝臓)と脂肪分解酵素のリパーゼ(膵臓)が出てきて、 脂肪が分解され、体内に吸収されます。しかし、ウーロン茶を飲むと、ウーロン茶に含まれるポリフェノールが 脂を抱き込んでしまうため、リパーゼの出番がなくなり、結果的に脂肪が分解されずに排せつされるからです。
(*本文は下の方にあります)


■ウーロン茶重合ポリフェノール

ウーロン茶の重合ポリフェノールが注目されている

今、ウーロン茶がダイエットに効くと注目を集めています。実は、ウーロン茶に含まれるポリフェノールに、 強力なダイエット効果があることがはっきりわかってきたのです。 そもそも、「ポリフェノール」とは、植物が光合成を行うときに生じる物質のことをいい、 現在までにわかっているポリフェノールは5000種類以上に及びます。 例えば、緑茶のカテキン、コーヒーのクロロゲン酸、ブルーベリーのアントシアニン、そばのルチンなどは 全てポリフェノールの一種です。実は、ウーロン茶のポリフェノールも、特有の形になっています。 というのも、ウーロン茶の茶葉を半発酵するときにカテキン類が結合し、新たなポリフェノールができるのです。 このウーロン茶に特有のポリフェノールは「重合ポリフェノール」といいます。 ちなみに、緑茶の場合は茶葉を発酵しないし、紅茶の場合は茶葉を完全に発酵させるため、重合ポリフェノールは 含まれません。ウーロン茶特有の重合ポリフェノールは、これまでにも癌や動脈硬化を予防する抗酸化成分として 広く知られてきました。しかし、重合ポリフェノールの効果について研究されるようになった結果、 このほかにも多くの効能があり、特にダイエットに有効であることがわかってきました。


●ウーロン茶重合ポリフェノールの働き

脂肪の分解を妨げ、体外に排出する

まず、2001年の日本肥満学会で、興味深い実験結果が発表されました。 その実験では、男女12人に、取る水分はウーロン茶だけ、また毎日少なくとも1リットル以上のウーロン茶を飲むという条件に 4週間従ってもらっています。この12人の男女は、肥満の度合いを示すBMIの数値が20〜30(22が適正、25を超えると 肥満とされる)という人たちでしたが、見た目が明らかに太っているという人はいませんでした。 そして、4週間従ってもらった結果、体脂肪率が明らかに減った人、ウェストや二の腕が2cm以上細くなった人が 大半に上ったのです。ウーロン茶のダイエット効果について調べた実験は、これ以後増えていて、大変いい結果を残しています。 ウーロン茶がダイエットに効く仕組みは、食事をして私たちの体内に取り入れられた脂肪は、 リパーゼという脂肪分解酵素によって腸内で分解され吸収されやすくなるのですが、 ウーロン茶の重合ポリフェノールが、このリパーゼの働きを抑えて脂肪の分解を妨げることによって、 吸収されなかった脂肪が体外に排出されるのです。


●ウーロン茶の摂り方

氷やゼリーにすれば、活用法が大いに広がる

以上に述べたことで、ウーロン茶がダイエット飲料として有効であることがわかったかと思いますが、 とはいえ、私たちが取る水分をすべてウーロン茶で補うというのは、大変難しい選択です。 実際問題として、ウーロン茶がダイエットにいいからといって、ふだん飲んでいる緑茶や紅茶、コーヒーなどを 全て止めるわけにはいかないでしょう。そこで、おススメしたいのが「ウーロン茶を食べる」ことです。 食べるといってもウーロン茶の茶葉をバリバリと食べるというわけではありません。 例えば、茶葉から濃い目に抽出したウーロン茶を凍らせて何かの飲み物に入れて使ったり、 ウーロン茶に寒天を入れてゼリーにしたりして、飲む以外にうまく活用するということです。 そうすれば、何もウーロン茶を飲まなくても、ウーロン茶の重合ポリフェノールが補えます。

また、最近では、食べるウーロン茶の栄養食品もあるのでそれを利用するのもいいでしょう。 食べるウーロン茶の栄養食品には、ウーロン茶に含まれる重合ポリフェノールなどの有効成分が凝縮されています。 食べるウーロン茶の栄養食品ならば、好きな飲み物と一緒にウーロン茶の重合ポリフェノールがたっぷり摂れるため、 大変便利です。こうした栄養食品でも、ダイエット効果が十分に得られます。 食べるウーロン茶の栄養食品を摂ったら、無理な減食などをせずに、楽にやせたという人も多数います。

なお、ウーロン茶は、食べたものの脂肪の吸収を抑えるため、食前や食中に摂るのがベストです。