白いんげん豆抽出物(ファセオラミン・ファビノール)【炭水化物・糖分カット系サプリメント】

白いんげん豆抽出物(ファセオラミン・ファビノール)』は、 炭水化物や糖分、でんぷんの吸収を抑制するナチュラルなダイエット成分です。 白いんげん豆抽出物は、脂肪分や糖質が多く含まれているデザート類のような甘〜いデザートや 脂っこい食事などでもカロリーコントロールができるダイエット成分ということで、たいへん注目されています。


■「白いんげん豆抽出物」とは?

糖の吸収を防ぐ

日本人の食生活では、ご飯・パン・麺類などの「炭水化物」が実に60%以上を占めます。 したがって、「油分・糖分」などをカットしても炭水化物をカットしなければ、ダイエット効果は薄いといえます。 しかし、炭水化物をカットするのは、実につらいものです。我慢できない人も多いことでしょう。

そこで『白いんげん豆抽出物(ファセオラミン・ファビノール・ファベノール)』の登場です。 通常胃の中に入ったデンプン質は消化酵素と結合してグルコースになります。 このグルコースが血液中をぐるぐるとまわり、付いて欲しくない場所で思いっきり吸収されてしまうのです。 吸収されてもエネルギーに変換できればいいのですが、余ったグルコースが「脂肪細胞」になります。 しかし、ここで白いんげん豆抽出物を摂取すると、消化酵素の働きを阻止して「吸収できないまま排出」 出来るのです。白いんげん豆抽出物は
1gで8000kcalの炭水化物の吸収を抑制すると言われ、
最近では、ダイエット食品などにも多く用いられれています。

また、白いんげん豆抽出物に含まれている「ファセオラミン」という消化酵素は、 ブドウ糖が脂肪に変わる働きを阻害するため、肥満予防効果や糖尿病予防、 高血圧症の改善などの効果があるとされています。 白いんげん豆抽出物は、アメリカ・イタリアでも成果が報告されているそうです。

「ファセオラミン」は、米国大手栄養補助食品メーカーであるニュージャージー州の 「ファーマケム・ラボラトリーズ社」が製造した白いんげん豆抽出物由来の、アルファアミラーゼを抑制する素材です。 ファセオラミンは、消化酵素アルファアミラーゼと結合し、でんぷん質が体内でグルコース(糖)になるのを防ぐ働きがあり、 わずか1gを摂取するだけで500g(15杯分のご飯=2250kcal1)の炭水化物の消化・吸収を妨げるとされています。 ごはん、パン、パスタ、そしてデザートなど、炭水化物や脂肪分が好きな方のダイエットをサポートします。

なお、白いんげん豆抽出物にはファセオラミンとファビノールがありますが、 ファセオラミンとファビノールは、ほぼ同じものです。