HGH(ヒト成長ホルモン)系ダイエットサプリメント【メタボリックシンドローム対策に】

HGHヒト成長ホルモン)は 幼少期から青年期ごろま脳下垂体から盛んに分泌される物質で、 ヒト成長ホルモンは糖質の代謝を促してエネルギー消費を高め、スタミナを増進させる作用や、 筋肉でのタンパク質の合成を促進して筋肉を発達させる作用、内臓脂肪を分解する作用などがあります。 ヒト成長ホルモンは、寝ている間に体内の脂肪を分解してそのエネルギーを作り出します。


■「HGH(ヒト成長ホルモン)」とは?

夜寝ている間に分泌される

「HGH(ヒト成長ホルモン)」は脳の下垂体から放出されるホルモンで、 その名の通り、人の成長を促す役割を担っています。 その分泌量は13〜17歳にかけてピークに達し、その後は減少傾向に転じます。 そして、25歳をすぎる頃になると急激に低下し、30歳以後は10年ごとに25%ずつ減っていきます。 子供から大人へと成長する過程で背丈や体型が変化するのは、ヒト成長ホルモンによるものです。 また、ヒト成長ホルモンは糖質の代謝を促してエネルギー消費を高め、スタミナを増進させる作用や、 筋肉でのタンパク質の合成を促進して筋肉を発達させる作用、内臓脂肪を分解する作用などがあります。

体を維持するためには、このヒト成長ホルモンが不可欠で、体力の低下を防ぐカギになっているのです。 運動をすると筋肉や骨の細胞が破壊されて、その再生が必要となります。 この体の再生への必要から、ヒト成長ホルモンが分泌されます。 つまり、運動をすると若返る力が出てくるのです。 老化を防ぐために運動が必要な理由の一つがここにあります。

このヒト成長ホルモンの働きは、寝ている間に行われます。 細胞の分裂・増殖・再生は、睡眠時などの安静時に活発に行われるのですが、 体の再生・成長には、細胞の不活動状態を必要としているため、 夜、寝ているときにヒト成長ホルモンの分泌が一番活発となるのです。 睡眠時に活発な代謝が生じるので、体は消化ではなく、体内の脂肪を分解してそのエネルギーを作り出します。 若いと肥満になりにくいのは、このためで、脂肪を分解してくれるのでダイエットにもなるのです。