その他のダイエット法『背中そらし』

ストレスで食べ過ぎて太る人が多く、最も簡単なストレス解消法は脳に快癇を増やす『背中そらし


メタボリックシンドローム | メタボ対策 | ダイエット機器 | ダイエット飲料 | ダイエット食品 | サプリメント | 特定保健用食品 | 各種ダイエット法 | 運動不足解消 | その他 | 人気定番製品 | 新規掲載製品

■その他の方法

以下の文章は某大学教授が健康雑誌に寄稿したものです。

●10秒その場ダッシュ

食欲を低下させる神経を働かせる

女性がダイエットに失敗する原因の一つとして、食欲を抑えきれず、つい間食で甘いものを摂り過ぎてしまうことがあります。 こうした食欲は脳に勘違いをさせれば、簡単に抑えることができます。 その方法の一つが『その場ダッシュ』です。 体内で働く自律神経のうち、交感神経が活発になると、脳から胃腸に休むよう命令が出て、食欲を感じなくなります。 交感神経が活発になるのは、体を動かしているときです。つまり、空腹時にあえて運動をして、交感神経が活発になれば、 脳が騙されて一時的に空腹感を紛らわせることができます。 その場ダッシュのような運動をすれば、交感神経がすぐ活発になるばかりか、アドレナリンというホルモンが分泌されて、 血糖値が上がります。すると、脳は栄養が補給されたと勘違いして、食欲を感じなくなるのです。 やり方は、空腹感を覚えたら、その場で走るときのように腕を振り、10秒ほど太腿を上げ下げするだけです。 効果は1時間ほど続きます。



●背中そらし

脳に直結する脊柱起立筋を緩めよう

お腹太りには、ストレスが大きく関係しています。ストレスがたまると、食べ過ぎや間食に走る人がいますが、 これがお腹太りを招くことは言うまでもありません。実は、ストレスは背中の深部にある筋肉(脊柱起立筋)を緩めれば、 大幅に減ることがわかっています。脊柱起立筋は脳と直結しており、ストレスがたまると緊張して硬くなるため、 この筋肉を緩めることで脳が快感を覚えて、ストレスの解消につながると考えられます。 筋肉を緩めて筋力のバランスを整え、ストレスを解消する方法を「ホメオストレッチ」といいます。 ここでは、脊柱管起立筋を緩めるホメオストレッチの一つ「背中そらし」を紹介しましょう。

まず、平らな床の上でうつぶせに寝て、床に両手をつきます。次に、脊柱起立筋を緩めるように意識しながら、 腕立て伏せの要領でゆっくりと背中を反らしていくのです。 その後、ゆっくりと上体を床に近づけて、うつぶせの姿勢に戻ります。 これを3分間繰り返しましょう。1日に何回行ってもかまいません。 背中そらしは、就寝前に行うのが最適です。ストレス解消の効果が高まり、お腹太りも退くでしょう。